家族旅行 温泉旅行 日帰り温泉 福岡 佐賀 長崎 九州/佐賀の源泉かけ流し温泉宿(ぬる湯) 古湯温泉・扇屋 - こだわりの料理

佐賀古湯温泉・扇屋(おおぎや)

ある宿泊されたお客さまがおっしゃいました。私が「生かされている」のは、自然のおかげだから。 だから、いい温泉とおいしい料理と楽しい人との出逢いに感謝しています。と。佐賀の温泉宿 古湯温泉・扇屋は、 あなた様に昔の日本の自然のよさを味わってもらい、その自然からのエネルギーをもらい、益々、元気になってもらいたい。と願って、自然を感じていただける空間、おいしい料理そして、心からあふれる笑顔を提供いたします。

佐賀の源泉かけ流し温泉宿 古湯温泉・扇屋のTOP

こだわりの料理

こだわりの料理

斎藤茂吉ゆかりの宿。古湯温泉・扇屋では、四季折々の旬の食材を心をこめて調理しております。

古湯名物『鯉』や『やまめ』『つがに』などの
地元の食材を使った料理でおもてなしいたします。
自然の幸をどうぞご堪能ください。

板長 江頭宏一

四季の食材

■春
山菜(セリ、ゼンマイ、蕗(ふき)、タケノコ、蕨(わらび)、タラの芽、ヤマウド、菜の花、土筆(つくし)、ふきのとう)
古湯温泉のある富士町は、山林に囲まれた町で春には多くの「山菜」がめぶきます。
この山菜の中には、「にがみ」があるものが多々あります。
この「にがみ」が春が来たあかしという人もいます。
あなた様もこの「にがみ」の中に春を感じて頂ければと思います。
【ワンポイント】
  セリ:食欲増進作用があって、貧血や便通の改善に役立ちます。

■夏
・茄子(ナス)、胡瓜(キュウリ)、トマト、レタス、冬瓜、みょうが、黒枝豆など地元産のこだわり野菜を使った料理をご堪能ください。
・若鮎:6月いっぱい位は、大人になりきれていない鮎は、骨が柔らかいため「背ごし」で食べれます。
・甘夏 : 主に甘夏ゼリーのデザートにします。
【ワンポイント】
  冬瓜:利尿作用があるため、ダイエットに効果的です。
  トマト:活性酸素を除去し、細胞を丈夫にします。

■秋
・柿、栗、むかご、銀杏、アケビ、茄子
・ツガニ:柿の実が色づく頃がカニに味噌が詰まって大変美味しいです。
【ワンポイント】
柿:柿に含まれるビタミンCは、みかんなどの柑橘類の約2倍、二日酔いの解消、免疫力増強が期待できます。
■冬
・春菊、大根、ねぎ、白菜、ブロッコリー、ほうれん草、みず菜、蕪(かぶ)、柑橘類
【ワンポイント】
上記の野菜はほとんど鍋に入る野菜です。冬は鍋を食べて体を温めたら幸福な気分になります。白菜は免疫力を高め、ねぎの辛味はアリシンにより抗酸化作用があり動脈硬化や風邪予防に効果があります。

鯉について

古湯温泉・扇屋のこだわりとして、昔から鯉料理をお客様に食べてもらっています。

それはなぜかと申しますと、鯉はすぐれた薬膳効果があると言われているからです。

例えば、強肝作用のあるアミノ酸であるタウリンが煮汁中に40%も含まれていること。
また、血中コレステロールの低下、糖尿病の原因である血糖をコントロールするインスリン同様の作用をする物質も含まれていること。

日頃から健康をお考えのお客様には大変適しているのでは、と思われます。

また、昔から鯉こくは母乳の出がよくなるとも言われています。

まだいろいろな作用がある鯉をもっとよく知ってもらい、美味しく食べて頂ければと思い扇屋会席の一品料理として、鯉の刺身(鯉のあらい)、鯉の汁物(鯉こく)としてお出ししております。

鯉は泥臭いというイメージがありますが、扇屋では冷たい山水を引いた水槽に鯉を生かし、毎回生きた鯉をさばき『鯉のあらい』にしたり『鯉こく』にしたりしております。

あなた様に鯉のすばらしい薬膳効果を知った上で、食べて頂ければと思っております。

もっともっと多くの方に鯉が美味しいこと、体がなんとなく熱くなり元気が出て疲労回復に効果的であることを知って頂ければ嬉しいです。

鯉の一番美味しい時期は、氷の上に乗せた「鯉のあらい」を ピリッと芥子のきいた自家製の酢味噌で食べる。

やはり「夏」です。


ただ、冬のほうが油は乗っているので、煮たり、「鯉こく」で食べたら美味しいです。
鯉が卵を持っているときは、時期としては初夏ですが、春、夏、秋のどの時期にもたまに持っています。

卵は「鯉こく」に入れて出しています。お客さまは好まれる方が結構いらっしゃいます。

鯉料理(鯉コース)としては、
・甘露煮
・甘酢餡かけ
・鱗(うろこ)のから揚げ


鯉のあらい
水がいいからこそおいしい、鯉の洗い
(板長自らの手作りからし酢味噌でお召し上がりください)
写真で彩りに添えてある緑は富士町特産「プッチーナ」
鯉こく
古湯では何かにつけて振舞われる鯉こく、会席の最後にはご飯と一緒にお出しいたします。


これらの料理があります。

山女(やまめ)について

山女が美味しいのは夏です。

秋になると、産卵の時期になるのでどうしても、卵や白子に栄養がいって身がやせてしまいます。
ただ、卵は白い「いくら」みたいで、上手に調理したら、珍味です。


山女の料理(山女コース)は、

・山女の刺身
・塩焼き
・燻製:
 さくらの木のチップの煙で作る自家製です。
・山女の酢の物

などが主なもので、後は

・大きなものは3枚におろしてバター焼き
・から揚げ
・昆布締めにして、きゅうりと一緒に酢の物

卵の「からすみ」
9月終わりから10月中旬までの卵から作ります。「いくら」になっていなくて、筋子の状態のときにのみしか作れません。お酒のおかずにはもってこいです。


その他の料理

鴨鍋
扇屋特製のだしを使った鴨鍋
鮎の塩焼き
鮎の塩焼き
(熱いうちにお召し上がりください)


碗蒸し
鱧(ハモ)とハチミツでつけた梅干のちょっと変わった茶碗蒸し
瓦そば
これを目当てにいらっしゃる方も多い
扇屋の瓦そば


佐賀の源泉かけ流し温泉宿古湯温泉・扇屋に興味がわきましたら、今すぐ、お気軽にお電話ください。

「ホームページを見てお電話してますが・・・」
とおっしゃってください。

0952−58−2121(午前9時〜午後10時)

入浴割引券をメールでお送りしています。

「古湯温泉・扇屋」は、
決して売り込みは致しませんので、ご安心ください。

24時間対応のインターネットでのお問合わせは、こちらをクリック!

このページの上へ


今すぐお電話ください
0952-58-2121
受付:午前9時〜午後10時

佐賀の源泉かけ流し温泉宿
古湯温泉・扇屋

今すぐお電話ください
0952-58-2121
受付:午前9時〜午後10時

佐賀の源泉かけ流し温泉宿
古湯温泉・扇屋

〒840-0501
佐賀県佐賀市富士町古湯873
TEL:0952-58-2121
FAX:0952-58-2123

E-mail:web@furuyu-oogiya.jp

古湯温泉・扇屋モバイルサイト

www.furuyu-oogiya.com/mobi/